リクリエについて

  • MISSION

    限りある資産を再生し
    新たな価値を創出する
    リクリエは「遊休資産の活用課題」や「労働力不足の課題」に着目し、日本にある「土地」と「人」という資源を最大限に活性化させることに挑戦していきます。
  • VISION

    持続可能なサイクルを
    生み出していく
    小さな課題を1つずつ解決することで、結果的に全体のサイクルが改善されるような思想を描くことで事業に関係した業界の先駆者として新たな価値観を社会に提供することを目指します。
  • VALUE

    Hospitality with Tech
    「社会は人でできている」
    テクノロジーを駆使して人手不足の代替案を提示し、人にしかできないことの本質を追求することで社会全体をもてなします。

ブランドストーリー

すべては小さな疑問から。
代表中西の祖父は大分県中津市耶馬渓と言う人口5,000人の小さな田舎町で農業を営んでいます。
幼少期の頃は毎年田植え時期に集まる親戚・兄弟によって町全体が賑わう風景がそこにはありました。
しかし、近年過疎化により空き家も増え、当時の賑わいは無くなってしまいました。
一番近いご近所さんでも車で5分以上。有事の際は、まず誰も気付かない状態です。

事実、2010年から2030年の約20年間に日本の人口は893万人ほど減少すると言われています。
これは地方の8~9万人の中堅都市が100都市近く消える計算です。
47都道府県ですから、乱暴に言えば1つの県から大きな街が2つほどこつぜんと消えることになります。
また、失われた30年と言われている日本経済の成長率は横ばいもしくは縮小傾向に対しての危機感を感じ、次世代に残せる事業を作りたいと思うようになりました。

そんな中、2015年12月Airbnbという民泊ビジネスを知りインバウンドの観光客がよく利用しているというのを知り、個人で民泊運用を検証開始。
民泊運用を通じ以下2点の課題を強く感じました。

・増えていく空き家が十分に活用させていない
・人口減少から地域がどんどん衰退していく

この2つの課題を解決していくためには単なるスペース活用で終わらず、「またここに来たいな」と思ってもらえる価値を提供していく必要性を感じ法人化して民泊の運用代行事業を開始しようと決意しました。

そして2016年2月、日本にある資産を「Re-Create」し日本のポテンシャルを国内外に発信していこうという思いから株式会社リクリエという名前で法人を設立します。

役員紹介

  • 代表取締役
    中西 孝行
    遊休スペースの活用を主軸としたBtoBtoCベンチャーを立ち上げ業界有数企業に育てる。
    その後、そこでの業務で深刻な遊休アセット問題を目の当たりにし、
    『限りある資産を再生し新たな価値を創出する』を企業理念に掲げ2016年株式会社リクリエを設立。
  • 取締役
    橋本 将崇
    主にコンシューマー向けのサービスを基軸にスタートアップを立ち上げを行う。
    その後ベンチャー企業でCTOとしてソーシャルゲーム、メディアなど自社サービスを統括しながら、人材の採用から評価まで行う。
    大手人材会社で事業開発としてHR/SaaSサービスの立ち上げ経験を経て今に至る。
採用情報
自分の想像を
越えよう
どうせ働くなら楽しくやろう。
どうせ過ごすなら意味ある1日にしよう。
誰かに頼られたり、自分の意見を怖がらずに言えることで
自分の存在価値を見出せば、
想像もしてなかった
「自分」を見つけることができる。